機械の製造風景

リバースでの効果

今注目のテクノロジー

リバースエンジニアリングとは、工業製品領域では既存の製品の解体や分解を行うことで、その製品の仕組みや構成部品、技術要素を分析する手法のことを言います。厳しい競争環境の中にあって競合他社の製品などを分解、分析することで追いつき、追い越していくという新たなテクノロジーとなっているのがこのリバースエンジニアリングと言われるものです。ハードウエアの世界では既にかなりの業界で実施されている手法であり、特許などに抵触しないようにするためにも重要な分析手法となっているのです。こうした方法でテクノロジーを理解することができれば急激に競争環境における差の部分をちじめることができるようになるため、非常に注目される手法となっているのです。

ソフトウエア領域で展開中

リバースエンジニアリングは、ハードウエアだけでなくソフトの世界でもその利用が進んでいます。ソフトの世界であh機械語で記述されたプログラムをより高級なプログラムに戻すといったような高等テクニックも行われるようになっているのです。ただし、著作権侵害の危険性もあるため使用許諾契約の文面にこうしたリバースエンジニアリングを禁止しているソフトウエアメーカーもあり、なかなか微妙な手法になっているともいえるのです。一方でセキュリティ上の問題からセキュリティホールなどを見つけ出すためにこうした手法をあえて使わなくてはならないケースもあり、リバースエンジニアリングの運用にあたっては高度な判断が必要となることが多いともいえるのです。